【熊本県西原村 会場レポート2016】

4月14日に端を発した「熊本地震」から約4ヶ月が経ちました。

東北、そして全国各地から「熊本に花火を」の声とともにたくさんのご支援をいただき、
九州ではじめてとなるLIGHT UP NIPPONの花火を、熊本県阿蘇郡西原村で上げることができました。

まだまだ、生々しい地震の爪痕が残っている熊本。

西原村は、慰霊祭を8月末に控えているため、
今回は、大々的な告知や打上げ花火は見送られた、はずでした。

18時。

日没まで、まだ時間があるうちから、
どこからともなく集まってくる、西原村の子供たち。

IMG_7248

顔見知りの友達を見つけては、会場となった西原中学校の校庭を縦横無尽に駆け回ります。

IMG_7250

震災後、学校と避難所を往復するばかりだった子供たちが、
花火という「夜、外に出て友達と遊ぶ口実」を見つけた瞬間でした。

lun_14kumamoto_op01

あまりの元気のよさに困り顔のお父さん、お母さん方も、どこか嬉しそう。

そして、19時45分。

夕闇があたりを包み込んだ頃、会場に集まった約300名みんなでカウントダウン。
仕掛け花火がグラウンドの中央に、メッセージとともに浮かび上がりました。

lun_14kumamoto_fw01

「ふっこう西原、そして未来へ」

自分たちが前を向き、復興へ向けてさらなる一歩を踏み出すための言霊。
仕掛け花火が消えかかり、拍手が沸き起こるグラウンド。

その瞬間、「ドン!」という大きな音とともに、
なんとサプライズの打上げ花火が頭上に打ち上がったのです。

lun_14kumamoto_fw06

その数、50発。

今の熊本西原村にとっては、眩しくてたまらない大きな大きな打上げ花火でした。

夜空に瞬く花火の寿命は、たった一瞬のこと。
だけど、その花火が人の心を照らす時間は、とても長いのです。

あの2011年から、東北で花火を上げ続けてきた方々はきっと、そのことを深く知っているからこそ、
今回、こんなにも熱い思いを、熊本に届けてくださったのだと感じました。

2016年も、2017年も、8月11日はやってきます。
またこうして、みんなで最高の花火を見上げられるよう、熊本は日々、前へ進んでいきます。

〈打ち上げ花火数〉50発
〈推定観覧者数〉300人

コメントは受け付けていません。