【富岡町 会場レポート2018】

とみrockフェスは12時から、スタートしています。
たくさんの温かいお客様をお迎えして、素敵なライヴに、たくさんの笑顔が見られます。
浜風と青空が心地よい会場です。

とみrockフェスの入場ゲートに花火の玉皮にメッセージやイラストを描くコーナーを出しました。
お子さんにも、大人の方にも楽しんでいただいてます。
お友達の誕生日祝いを書いてみたり、再開した富岡駅を描いてくれる方も。
おかえりなさい、と書く人がいれば、ただいまと書く人がいたり。
富岡に寄せるメッセージには桜のイラストを添えてくださる方がたくさんいました。ご当地キャラのとみっぴー、他にもユニークなメッセージ、イラストをたくさんお預かりしました!

19時半ごろ、とみrockフェス、最後のステージの盛り上がりの中で、花火がスタートしました。
花火が打ち上がる合間、静寂にそっと聞こえる波の音。そしてまた迫力の花火の咲く音。
打ち上げ場所が近いので、音も花火も大迫力で、多くのお客様がその感動を語っていました。
およそ30分、1500発の花火があがりました。

ステージ演出の粋な計らいで、打ち上げの半ばにライトアップニッポンの紹介をアナウンスしていただき、花火のフィナーレに合わせて赤とんぼを聞かせてもらいました。
赤とんぼとともに終結した花火の時間はとても穏やかでした。

来場者数:約 1,000名 打上発数:約 1,500発

2018年 富岡町の花火の様子はこちら
YouTubeチャネル登録もよろしくお願いします。