【久之浜会場のご紹介】


震災により甚大な被害を受けた久之浜・大久地区。


防波堤道路の建設に伴い町は刻々と姿を変え続けていますが、「町の復興を見届けたい」という変わらない町の想いがここにはあります。


今年で5回目となる花火の打ち上げと盆踊り。


50年もの間途絶えておりましたが、震災を機に地元の若者の手によって復活を果たしました。


会場は漁師町の息遣いが感じられる久之浜漁港。
町の主力産業である漁業は原発事故の影響により苦しい状況にありますが、町一帯となり、前向きに歩み続けています。


-「ただいま」と「おかえり」がふるさとの夜空に響きわたる-
皆さんのご来場お待ちしています。

8月11日には久之浜の会場へご来場下さい。

コメントは受け付けていません。