【秋田市会場のご紹介】

雄物川花火大会実行委員様から私たちの活動趣旨にご賛同を頂き、花火を一緒にあげる事となりました。


昭和63年(1988年)7月に雄物川放水路完成50周年記念と、西部地区の活性化をめざして始められた秋田市夏まつり雄物川花火大会。現在では秋田市三大夏まつりの一つに数えられ、市外からも多数の見物客が訪れます。
31回目を迎える2019年は“令和新時代・心よせあう美しき秋田”をテーマに開催され、テーマにあわせた打ち上げ花火や、地元中学生のデザイン花火、日本煙火芸術協会会員10社による「ザ・プレミアム花火」、花火と音楽が織りなす「光と音の創造花火」などが次々と打ち上げられ、夏の夜空を美しく彩ります。

会場は秋田大橋付近の雄物川河川敷が予定されています。
 ※臨時有料バスあり(「秋田大橋」バス停に停車する路線バス増発) 打ち上げ数7500発、昨年度打ち上げ数7500発 昨年度観客数11万5000人 臨時トイレあり

花火の詳細は以下のリンク先にてご覧ください。
雄物川花火大会の詳細はこちらから

8月11日には雄物川花火大会へご来場下さい。

コメントは受け付けていません。